アーユルヴェーダという痩身エステのプランでダイエットに成功したことがあります。

もともと52kgだった体重を40kg台にしたくて通い始めたのですが、途中で52kgまでリバウンドしたものの、憧れの40kg台になりました。

エステの効果はもちろんですが、実はその期間に好きな人ができて、その人のことを考えると食事が喉を通らなくなり痩せたという理由もあります。結局は失恋してしまったのですが、それが大きなバネになって痩せるきっかけになったかなと思っています。

アーユルヴェーダはインド式のマッサージで、代謝を高めてくれる効果があります。また手でマッサージをしてくれるので、ウエストにくびれができて引き締まった体づくりができました。値段も10回程度で10万円と良心的なプランだったと思っています。

しかし、その後ワーキングホリデーに行くと、また激太りしてしまいました。はじめは食生活の変化であまり食が進まなかったのですが、だんだん慣れてきて美味しいものを食べていたら、当然太りあっという間にスタイルが変わっていきました。

ぶくぶく太ももや二の腕に脂肪がついてゆく様子を見るのは恐ろしかったです。特に顔が丸くなりましたが、帰国してからはちょっと痩せました。しかしまだエステ後の体重には戻っていません。早く戻れるように頑張って食事制限と運動も続けていきたいと思います。

みなさんもこれまでにダイエットに関心を持った事がある人は多いと思います。ですが、私もそうだったのですがダイエットをやると思ってもそのモチベーションを維持するのはかなり難しいです。

特に私みたいに食べる事が好き甘い物や炭水化物をたくさん食べる人は特にダイエットが難しいです。なぜなら、甘い物や炭水化物が好きな人がこれらを我慢するのはかなり精神的に辛いからです。

でも、ダイエットを成功させるにはこれらを食べないようにするしか方法はないです。確かに食事制限をしないで運動をやって痩せる事ができない事はないです。

でも、実際にそれをやるのはかなり困難です。なぜなら、太る一番の理由は断然食べる量に関係しているからです。ですから、必ずダイエットを成功させたいと思うなら食事制限をするのが確実です。

少なくとも私はこれまでに食事制限と運動を組み合わせた方法と食事制限だけの方法と運動だけの方法と3通りの方法でダイエットをやった事があるのですが、この方法の中で一番効果がなかったのは運動だけやった時が一番効果がなかったです。

そして言うまでもなく一番ダイエット効果があったのは運動と食事制限を組み合わせた方法が一番効果がありました。あとはダイエットサプリも効果があるので取り入れた方が痩せやすいというのはあります。

たしかにお金は多少かかりますが、効果が実感できると安いものだと感じました。永遠に飲み続けるのはちょっとしんどいですが、3ヶ月間は頑張ってみようといった感じで期限を決めて取り組むといいですよ。

ちなみに私は今シボヘールというサプリを実践中です。以前はカロリミットを飲んでいましたが、あるところで停滞してきたのでこちらに変えました。変化を楽しみにしたいと思います。

ダイエットに成功するには、食事量にあります。

日本ではあらりまえになっている朝食・昼食・夕食と3食食事があります。夕食をあまり食べないということをするとダイエットに成功しやすくなります。

なぜ夕食をあまり食べないことがダイエットの成功方法かは、夕食のあとに寝るだけの人は多いと思います。消費をしないのに夕食をたくさん食べている人はたくさん世の中にいます。

また夕食の量が一日で一番多いという方も非常に多いと思います。夕食時にお酒をたくさん飲んだり、テレビみながらおつまみををたくさん食べたりしすぎていますと、太ってしまいます。朝食と昼食はなぜ食べるかは昼間にしっかりと活動するからです。

あとは、間食をあまりしないことがダイエットに成功する秘訣です。ダイエットを成功する方法は、夕食の摂取量と間食をあまりしないだけでかなり痩せます。

あとはしっかりと継続して毎日ダイエットを続けるメンタルが必要になりますから、夕食の摂取量と間食の摂取量をいきなり減らししすぎてしまいますとダイエットには成功しません。

ダイエットを成功させるには自分の体重をしっかりと毎日手帳などに明記して可視化することが大事になります。頑張ってダイエットに成功しましょう。

どうしても食事量が減らせないという人は、ダイエットサプリが便利です。食べた分をチャラにしてくれたり、空腹感を満たしてくれたりするので食べ過ぎを抑えられたりできますよ。私は今シボヘールというサプリを実践中です。

我が家では毎年冬が終わると「そろそろダイエットしないとね」という話題になり、初夏あたりから炭水化物減量ダイエットを行っています。方法はとても簡単で主食であるお米を減らす(具体的には子供用のお茶碗一杯で食事をする)という方法です。

なぜこの方法にたどり着いたかというと、毎年のように夫婦でダイエットを繰り返しているのですが、あまり我慢するとかえってその反動で後悔する行動をとってしまうことが多いからです。

炭水化物をまったく取らないということをすると夜中におなかがすいて寝れなくて無意識にちかい状態で冷蔵庫をあさっていたり、おやつをぬいたりすると晩御飯で食べ過ぎてしまったりと本能に忠実なタイプなので、うまくいきませんでした。

そして炭水化物の減量なら年中やればいいじゃないか、ということですが、少し田舎に住んでいて、新米の季節になると美味しいお米が安くで入手できるのでご飯が大好きなのです。また、日ごろから玄米を買ってきてつきたてのご飯で炊くようにしているのでお米がおいしい時は美味しく食べたいのです。

なので我が家のダイエットは期間限定で一部カットという方法をとりダイエットを行うようになりました。普段からカロリー計算ができて、コントロールできるのであれば苦労はしないのですがね。